迂鈍逃避行

乗り鉄降り鉄兼駅名標鉄がお送りする忘備録ブログ、基本日曜に更新。
一応はTwitterの補完という位置付け。
1に阪神2に山陽、3時のおやつは文明堂。

また夏が終わる

efWINGを履いた国鉄型とかいう訳分からない車両
IMG_5360
香川にうどんを食べに行った道中、多度津の側線に7200系が鎮座しているという情報をキャッチしたので行ってきました。
IMG_5371
台車にデザインを取り入れる時代の到来ですか・・・格好良いですね。
なんと言っても7200系の一番の特徴であろうefWINGが見たかったので手前に止まっていた113系が出庫していくまで待機、
前に121系で試運転をしていた時の物とは色も形状も違いますね。
IMG_5308
台車形式はAG46、McTc共通でした。
細かい説明は他ブログに丸投げするとして以下に詳細写真を投げておきます。
IMG_5372
台車枠周辺
IMG_5369
連結部分、LEDは正面側面共に1/80が限界でした。
IMG_5378
7200系四カマR03編成、車番は1から振り直す訳ではないんですね。
IMG_5312
跨線橋からの面縦、スカートには7203の文字。
組成は ←松山 Tc703-Mc7203 高松→ です。
IMG_5373
乗り鉄として気になるのが乗り心地、まあ元より悪いって事は無いでしょう。
IMG_5382
その元たるDT21T、高速走行時の揺れが酷いんですよねーコイツは・・・
IMG_5362
国鉄色から四国色を経て国鉄色もどきの似非新車へと進化した元121系、
そろそろデビューとの噂が絶えませんが営業運転開始はいつになるのでしょうか。
そして何故白帯の下に青帯でなく緑帯を配したのでしょうか。
疑問と興味が尽きない四国の新星、その活躍に期待しましょう。
ところで記事を書き終わってから気付きましたがコイツ前後で電連の段数違うんですね。
6000系と同じくTcが2段って事は7000系との併結運用・6000系の代打としての運用も考えてるんでしょうか。

山陽3000系3002Fが通常運用を終了するってんで撮ってきましたぜ。
IMG_5202
一瞬だけ綺麗に人が捌けた三宮、柱写らないアングルで撮るべきでしたね。
IMG_5194
練習電に限って上手いこと収まる現象、
本番は雨風強く目も当てられない写真が出来上がったので即消去。
心頭滅却すれば8245Fもまた3002Fと云う諺があるので代わりに載せても大丈夫でしょう。
心の綺麗な人には澄み切った青空も見えるはずです。
IMG_5179
新車とボロがお並びになられました。
IMG_5222
眠い目擦って西のターミナルへ、さらば3002F。
IMG_5265
雨降った上並び写真に傾倒しすぎて沿線撮りが殆どできなかったので欲求不満のまま一日が終了。
特定編成を追い掛けるのではなく沿線から適当に撮ってる方が性に合ってると改めて痛感しました。

5108Fの平井回送は撮るのが面倒になったので撮ってません!!!!!

ご無沙汰してます。
春が過ぎ5月になって暑くなり、ふと気が付けば汗の出る時期。
もうじき夏ですね、という訳で海が見たくなってきました。
IMG_4735
行ってきました
IMG_4995
日が暮れてきました
IMG_5005
月が綺麗でした
IMG_5018
本当に綺麗でした

おわり。

山陽6000系?なんの事でしょうかね・・・

高松に向かう道中に報道陣向け展示会を実施していたので撮影してきました。

乗務員室後部の塗り分けが若干雑な気もしますが水島臨海よりはマシですね・・・
IMG_4563
吉備線改め桃太郎線を走る桃太郎ラッピングとの並びも。
IMG_4561
車内にはセンヌキもあるみたいなので、瓶コーラ等を持って乗り込むのも面白いかもしれません。

3月21日、ついに青函在来の時代が終わりました。
IMG_0735
今年まで鉄路でしか北海道に渡った事の無かった管理人にとって、
津軽海峡線というのはなかなか思い入れの深い路線だったりします。
1449
26日に開業する北海道新幹線、寂しさもありますが一方で楽しみでもあります。
新幹線の開業で津軽と道南の駅がどう変わるのか、今後に期待しましょう。

↑このページのトップヘ